JBLストーリー

JBLは、プロフェッショナルオーディオの世界で多大な功績を残した一人の天才エンジニア、James B. Lansingにより、プロ機器の性能を持った美しい家庭用スピーカーの製造を目指して創設された米国カリフォルニアに本拠を持つ音響専業ブランドです。

1946年 JBLの創立

映画産業、音楽産業に多大な功績を残したエンジニア、James B. Lansingがプロ機器の性能を持った美しい家庭用スピーカーの製造を目指してLansing Sound Inc.を創立。後に彼のイニシャルを冠した『JBL』ブランドが誕生します。

1940年代 D130をはじめとする超高性能スピーカーユニットを開発

初のアルニコマグネットを採用した15インチワイドレンジスピーカーD130などの超高性能スピーカーユニットを開発。同ユニットの系列は、今も多くのオーディオマニアに愛用され続けています。また、これら高性能ユニットを化粧箱に収めた家具調のスピーカーシステムを次々に市場へ投入して行きます。

1950年代 初のプロジェクトモデルHartsfield、ステレオ時代の傑作スピーカーParagonの誕生

創設者ランシングの追い求めた理想のスピーカーシステムを具現化するため社内外の英知を結集した初のプロジェクトモデル、『D30085 Hartsfield』を開発。LIFE誌において「究極のスピーカー」と絶賛されます。また、理想のステレオ再生を追求しオールホーン式一体型ステレオスピーカーシステム『D44000 Paragon』を開発。その高い音響性能と美しく完成されたデザインとにより多くのオーディオファンの憧れのスピーカーとなり、以後30年間にわたりJBLを代表するフラグシップモデルとして君臨し続ける事となります。

1960年代 低歪LEシリーズ・スピーカーユニットを開発し、多くの高性能スピーカーシステムを展開

歪の大幅な低減を果たしたLE(リニア・エフェシェンシー)シリーズ・スピーカーユニット群を開発。自作スピーカーマニアに称賛を持って受け入れられます。また、これらを組み込んだ『D50S8R Olympus』など新しい家庭用スピーカーシステムを次々に発表すると、日本中のジャズ喫茶、ミュージックパブなどで定番スピーカーとして導入され、多くのJAZZファンをJBLの虜にしました。

1970年代 プロフェッショナル・ディビジョン発足。プロ音響の世界に本格参入

プロ音響市場からの多くのリクエストに応え、プロ機器の製造に本格参入。新たにプロ市場向けユニット群を開発し、これらを搭載したモニタースピーカーやPA拡声用スピーカーを展開。特にブルーバッフルを用いた『Model 4300 Series』スタジオモニターは、コンシューマの世界でもジャズ、ロック、ポップスファンを中心にマニア垂涎のスピーカーとして支持されます。

1980年代 Project EVEREST/Project K2:プロ機の性能を持った新たなフラグシップスピーカーを開発

プロ市場への参入で獲得し磨かれた最新技術を用い、新たなステレオ時代のフラグシップモデルとして『DD55000 EVEREST』を開発。さらに、最新高性能ユニットを搭載した『K2 S9500』を投入。その鮮烈なサウンドは音楽ジャンルやオーディオ用シアター用など用途を問わず、今もオーディオマニア、音楽ファンを魅了し続けています。

1990年代 Control Seriesなどのコンシューマモデルが世界中でヒット

マルチパーパス・スピーカーとして登場した『Control Series』が音楽用、ホームシアター用、また店舗BGM用スピーカーとしても世界中で大ヒット。JBLの車載用スピーカーやアンプも高級車用カーオーディオとして支持され、またCompaqなどPC用にもJBLスピーカーが採用されるなど、あらゆるフィールドでJBLロゴを目にする機会が増えて行きます。

2000年代 新たな世紀のフラグシップ群と個性的マルチメディアスピーカーの登場

最新素材と最新技術を用いたプロ機譲りの高性能ユニット類を開発し、これらを用いた家庭用高性能スピーカーシステム群を次々に市場に投入。『K2 S9800』、『EVEREST DD66000』といったフラグシップ級モデルが市場から絶大な支持を受けます。また、iPodドックスピーカー『onstation』など個性的なデザインのマルチメディアスピーカーが登場し、新たなJBLファンを獲得します。

2010年代 新K2 S9900、新EVEREST DD67000、新スタジオモニターシリーズを投入

新K2 『S9900』、新EVEREST 『DD67000』のフラグシップモデルに続き、『4367』などスタジオモニターシリーズが充実し、オーディオマニアを魅了します。また、小型アクティブスピーカーもiPodドックからワイヤレス、USB、AI Linkへと発展、市場から多くの支持を受け続けて行きます。

2020年~ Next One

2021年、創立75周年を迎えるJBLは、記念モデルなどさらなる魅力的なスピーカーシステム、オーディオコンポーネントを市場に投入すべく、日夜製品開発を続けています。